沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄でのウルセラ【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » ウルセラの痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ウルセラの痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ウルセラの施術の痛みについて

ウルセラの痛みを感じるとすれば、熱エネルギーが高まって起こる刺激です。パワーが高ければ高いほど効果があるとも限らないため、肌へのダメージを抑えながら痛みも軽減するには、医師が熟練していることが必要です。また、クールダウンなどのアフターケアをしっかりと行ってくれる美容整形外科かどうかも忘れないようにしましょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

ウルセラの施術においては、その照射部位や出力によって痛みの感じ方が違います。そのため、照射の出力を調整してもらえば感じる痛みも軽減されますが、その分効果も軽減してしまうのでご注意を。また、大抵の場合は我慢できる程度の痛みだと言われていますが、冷却しながらの施術や、麻酔を使った完全無痛施術に対応してくれるクリニックもあるので、事前にチェックしておきましょう。

ウルセラの施術後のダウンタイムについて

ウルセラは皮膚にダメージを与えないため、ダウンタイムもほとんどありません。施術後、すぐにメイクすることも可能です。しかし、まれに赤みなどが生じることがあります。ほとんどの場合は1日以内に治まると言われていますが、個人差もあるため、肌が弱い人などの場合は1週間以上残ってしまうこともあるそうです。

ウルセラの施術後の痛みに対するケアや注意点

ウルセラは他の治療法に比べて、副作用や痛みは比較的少ないと言われています。施術後に痛みが残ることもほとんどないため、特別なアフターケアも必要ありません。しかし施術が上手くいかなかった場合、やけどなどのトラブルを生じてしまう恐れも可能性としてはあります。そのような事態を避けるためには、医師の経歴や実績をしっかりと調べて経験豊富な医師に施術してもらうことが大切です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド