沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 【口コミが評判】沖縄でのたるみ取りでおすすめクリニック一覧 » たるみ取り注射の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

たるみ取り注射の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

たるみ取り施術の痛みについて

たるみ取りは麻酔をかけて施術するものが多いため、施術中の痛みはほとんどありません。麻酔をかける際の注射以外は、ほぼ無痛で施術を受けることができます。

高周波でたるみを引き上げるサーマクールが登場し始めた数年前は、麻酔をかけても痛いと言われていました。しかし、近年のマシンはバイブレーション機能を搭載し、施術の痛みを大幅に軽減。また、冷却ガスを使って肌を冷やしながら施術を行うので、肌のダメージを最小限に抑えることができます。

施術中の痛みを抑える方法はある?

たるみ取り施術の痛みは、局所麻酔や静脈麻酔、麻酔クリームなどを使用して抑えることができます。そのため、痛みがあるのは麻酔を注射するときのみ。「麻酔の痛みが心配…」という方は、麻酔を注射する前に麻酔クリームを塗布してもらえるか、事前に確認しましょう。

また、ウルセラ施術は痛みがほとんどないため麻酔を使わず施術を行うのが一般的。痛みに弱い方や不安な方は、オプションで麻酔を使用できるクリニックを探してみるのがおすすめです。

たるみ取り施術後のダウンタイムについて

たるみ取り施術はメスを使った施術を除いて、ほとんどダウンタイムがありません。痛みがなく、腫れも2~4日程度で治まるのが嬉しいポイント。ウルセラ施術の場合は、赤みが出ることがありますが、数時間程度の一時的なもののため、心配いりません。施術直後からメイクも可能なので、赤みをカバーすることもできます。

メスを使ってたるみ取りを行った場合は、多かれ少なかれ腫れや赤みが出てしまうもの。人によっては、腫れや赤みが引くまで数週間かかることもあるそうです。仕事やプライベートで大切な予定がある場合、どれくらい腫れが続くのか事前に医師に確認してたほうが良いでしょう。

たるみ取り施術後の注意点やアフターケア

こちらでは、たるみ取りの施術後の注意点やアフターケアについて紹介します。

施術箇所を押さない

ダウンタイム中は、患部を押すと痛みを感じる場合があります。そのため、施術後しばらくは顔のマッサージを控えましょう。特に金の糸施術を受けた場合は、施術直後は糸がまだ安定していないため、1ヵ月程度はマッサージを控えておくのが無難です。

シャワーは術後当日からOK

シャワーは施術当日から利用できますが、メスを使ってリフトアップした場合は顔を濡らさないよう、注意する必要があります。

入浴・飲酒・運動は控える

入浴や飲酒、運動を控えることも重要です。これらは血流を促進させてしまうため、腫れや痛み、内出血といった副作用を引き起こす可能性があります。選んだ施術や術後の経過によって入浴や飲酒、運動を控えたほうがいい期間が変わりますが、術後から最低でも2日は控えて、それ以降は医師に確認してみてください。

日焼けと乾燥はNG!丁寧な保湿ケアを

施術後は色素沈着が起こりやすい状態です。そのため、紫外線を浴びないようにしたり、皮膚の乾燥を防ぐため保湿クリームを塗ったりといったアフターケアが大切。きちんとアフターケアを行えば、効果が持続する期間も伸びるそう。不安な点はしっかり医師に相談して、注意点はきちんと守るようにしましょう。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド