沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 【口コミが評判】沖縄でのたるみ取りでおすすめクリニック一覧 » たるみ取りの効果とは?メリット・デメリットを解説!

たるみ取りの効果とは?メリット・デメリットを解説!

こちらでは、たるみ取り施術で得られる効果やメリット・デメリットを紹介します。

たるみ取りで得られる効果について

目元のたるみ取りで得られる効果

目は顔のパーツの中で、特に印象に残りやすい部位です。目元のたるみは、実年齢より老けて見えてしまう大きな要因。目元のたるみを取ることで、はっきりとした若返り効果を得ることができます。

フェイスラインのたるみ取りで得られる効果

フェイスラインのたるみを取ることでスッキリとした小顔を手に入れることができます。また、年齢を重ねるごとに出てきてしまうほうれい線も解消。高いアンチエイジング効果を得ることができます。

首元やデコルテ、手の甲のたるみ取りで得られる効果

年齢が出やすい首元やデコルテ、手の甲は顔と違ってメイクで隠すことができず、老けた印象が強く出てしまいます。このたるみを取ることで、若々しい印象を取り戻すことが可能です。

たるみ取り施術のメリットについて

たるみ取り施術にはさまざまな種類があります。そのため、自分の希望により適した施術を選ぶことができるのです。こちらでは、代表的な4つの施術のメリットを紹介します。

「切る施術」のメリット- 確実な若返り効果を実感!

メスを使った施術の場合、はっきりとした若返り効果を確実に実感できることが大きなメリットです。また、効果の持続期間は半永久的。施術は、できるだけ傷跡が目立たないように切開部分を小さくする「ミニリフト」や、顔全体のたるみを一気に解決する「フルフェイスリフト」から選ぶことができます。

「金の糸」のメリット- 持続力と美肌効果が得られる!

金の糸はメスを使用しないフェイスリフトの中で、特に効果の持続期間が長い施術で、その効果は約10~15年も続きます。また、肌に金の糸を埋め込むことで、皮膚の修復機能が働き、その過程でコラーゲンやヒアルロン酸が生成されるそうです。そのため、リフトアップ効果と同時に肌のキメやハリをアップさせる美肌効果も得られます。ダウンタイムが短いのも金の糸の特徴で、施術後の痛みはなく、腫れも出にくいそうです。

「ウルセラ」のメリット- より高いリフトアップ効果が魅力

ウルセラは超音波の熱エネルギーを使用して、コラーゲンの再生と促進し、顔のたるみを改善させます。サーマクールと比べ、肌の深部までピンポイントに熱エネルギーが届くので、より高いリフトアップ効果が得られるそう。またウルセラ施術で再生されるコラーゲンは肌のハリやツヤを整えてくれる重要な成分のため、美肌効果にも期待できます。メスを使用しないためダウンタイムがほとんどなく、施術後すぐにメイクができるのもウルセラの特徴です。

「サーマクール」のメリット- 引き締まった美肌を作り出す

サーマクールは、コラーゲンの繊維を引き締める効果や新しいコラーゲンの生成を促進させる効果があるため、リフトアップと同時に引き締まった美しい肌を作り出すことができます。1度にピンポイントにしか照射できないウルセラと比べて、サーマクールは広範囲への照射ができ、施術がスムーズに進むことが特徴です。ウルセラでは対応不可能な体のたるみ取りも、サーマクールなら対応可能。また、ダウンタイムが少ないのが魅力で、施術直後からメイクもできます。

たるみ取り施術のデメリットについて

こちらではたるみ取り施術のデメリットを解説していきます。

「切る施術」のデメリット- 傷跡が残ってしまう!

切る施術の大きなデメリットは、傷跡が残ってしまうこと。施術では髪の生え際や耳の周り部分を切開するため、傷跡を隠すこともできますが、それでも気になってしまう方が多いようです。

施術後に痛みや腫れ、赤みが出やすいのも切る施術のデメリット。メスを使わない施術を比べてダウンタイムが長く、人によっては腫れが引くまで数週間かかってしまうこともあります。

「金の糸」のデメリット- 他の美容施術でヤケドの可能性?

金の糸は、他の切らない施術と比べて高額な費用がかかります。施術後は受けられる美容施術が制限されてしまうことも金の糸のデメリット。たとえば、熱エネルギーを使用するレーザー治療は金の糸が熱を帯びてしまい、ヤケドする可能性があるため施術が不可能になります。

また、稀なケースですが金属アレルギーが起きる可能性もあるそう。一度皮膚の中に埋め込んだ金の糸を抜くのは非常に難しく、取り出すのが不可能なケースもあります。

「ウルセラ」のデメリット- 医師の腕で効果に差が出る?

ウルセラの効果には個人差があり、なかにはあまり効果を感じられなかったという方もいるそう。確実な効果を得るには、腕の良い医師がいるクリニックを探すことが重要です。効果が持続するのは半年~1年間ほど。頻繁な通院は必要ないものの、切る施術や金の糸と比べると定期的な通院が必要になります。また、熱エネルギーを使用して施術を行うので、施術後は肌が乾燥しやすいのもウルセラのデメリット。いつもより丁寧な保湿ケアを心がけましょう。

「サーマクール」のデメリット- 古いマシンに要注意!

以前は麻酔を使用しても強い痛みがあることが特徴だったサーマクール。マシンの性能が上がり、痛みの大幅な軽減が可能になりましたが、クリニックによっては古いマシンを使っている可能性もあります。事前にマシンの種類や痛みについて確認しておきましょう。

施術後の肌は熱を帯び、乾燥しやすい状態。クリニックでのアフターケアだけでなく、自宅での保湿ケアも大切です。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド