沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 口コミで評判!確実に痩せれる【脂肪溶解注射・沖縄クリニック5選】 » 脂肪溶解注射の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

脂肪溶解注射の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

脂肪溶解注射の施術の痛みについて

注射してから5分くらいで、チリチリした痛みがあります。術後の痛みは数日程度で、1回目は2週間程度の筋肉痛のような痛みです。2回目以降は痛みが軽減していきます。 痛みが不安な方は、麻酔の利用が可能なクリニックを探しましょう。麻酔はクリーム麻酔で、皮膚に塗布するタイプです。

施術中の痛みを抑える方法はある?

脂肪溶解注射という施術名だけあって注射をされますが、痛みの感じ方には個人差があります。整形外科に相談をすれば麻酔を行なってくれますので、施術を受ける方で心配な方はカウンセリング時に相談してみてはいかがでしょうか。

脂肪溶解注射の施術後のダウンタイムについて

一般的に数日間、軽い腫れと痛みがあらわれます。ほかの美容整形の施術と比較すると、ダウンタイムはないといっていいほど短期間です。ただし、顔の施術を受けた場合は、1週間程度おたふく風邪のような腫れが生じますので注意してください。

脂肪溶解注射の施術後の痛みに対するケアや注意点

脂肪吸引ほどの腫れや痛みは生じませんが、脂肪細胞は破壊されている状態です。施術当日は、お風呂や運動、マッサージは避けるのが懸命です。着用感がきつい服の着用や飲酒に関しても控えましょう。また、脂肪の分解には水分補給が大切です。脂肪は排尿時に一緒に排出されるので、施術後は2リットルくらい摂取するように心がけましょう。脂肪分解促進のためにマッサージや運動をしたくなるかもしれませんが、身体に負担がかからない1週間後くらいからがちょうどいいです。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド