沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での口コミが評判の脂肪吸引おすすめクリニック一覧 » 脂肪吸引のダイエット効果は絶大?【メリット・デメリット】を知っておこう

脂肪吸引のダイエット効果は絶大?【メリット・デメリット】を知っておこう

脂肪吸引にはどんな効果があるのか?メリット・デメリットに分けて解説します。

「脂肪吸引のメリット」について

脂肪吸引にはいくつものメリットがあります。食事制限や運動療法と比べても優れた点が多いため、体型に悩むたくさんの方に採用されています。

  • 部分痩せができる
  • 食事制限や運動療法の必要がない
  • リバウンドしにくい

通常のダイエットの場合、脂肪細胞が小さくなることで体重が減少します。しかし、脂肪細胞の数はそのままのため、食べ過ぎてしまえばもとに戻ってしまいます。一方、脂肪吸引の場合は脂肪細胞自体の数を減らすため、リバウンドのリスクが少ないのです。

また、痩せたい部分のみの脂肪細胞を取り除くことが可能なため、お腹だけ、二の腕だけという痩せ方もできます。普通のダイエットであれば、お腹だけを痩せさせることは難しく、身体全体の脂肪細胞を小さくせざるを得ないため、痩せたくない部分までサイズダウンしてしまうデメリットがあるのです。

しかし、脂肪吸引は上記の理由から食事制限や運動をする必要はありません。ダイエットにつきものであるカロリー制限や、長期にわたる運動も必要なく、施術を受けるだけで痩せることができます。

また、脂肪吸引は二の腕や頬の脂肪など、通常のダイエットでは痩せにくい部分でもサイズダウンが可能です。ダイエットで体重が減っても脂肪の量がなかなか変わりにくい部分は、脂肪吸引が適しているといえます。脂肪吸引して除去した脂肪は、ふっくらさせたい部分に注入することも可能です。お腹など脂肪が付きやすい部分から脂肪を取り除き、バストのようにボリュームアップしたいところに注入できます。自分の組織を使うため違和感が少なく、一般的な豊胸手術と比べて自然に近い仕上がりになります。

「脂肪吸引のデメリット」について

脂肪吸引はつらいダイエットを長期間続ける必要がなく、簡単に痩せられる夢のような施術と考える方も少なくないでしょう。しかし、人によってはデメリットとなりえる要素も存在しているため、事前に確認するようにしてください。

費用が高額になりやすい

脂肪吸引は、病気やけがでの治療とは異なり基本的には健康保険が使えません。そのため費用が高額になりやすく、1回の施術で20万円以上かかることもあります。広い範囲を施術する場合には、数十万円~100万円近くなることも想定しておきましょう。

痛みがある

脂肪吸引では、麻酔を使用し痛みを軽くする施術方法を選択できますが、術後にいくらかの痛みは出てきてしまいます。組織を傷つけて脂肪組織を除去するため、どうしても術後しばらくは痛みを我慢しなければなりません。

回復に時間がかかる

脂肪吸引後の定着には2~3か月かかり、術後は一定期間ガードルやバンテージで圧迫する必要があります。とくに広範囲の脂肪を除去した場合や、出血量が多いときにはダウンタイムが長くなってしまいます。

凸凹になる恐れがある

医師の技術により、仕上がりに差が出ることがあります。技術力が低い医師の施術だと皮膚が凸凹になることもあるため、信頼できる医師選びが重要です。

ほかの部位には脂肪が付く

脂肪吸引をした部分以外の部位の脂肪細胞は今までどおりのため、食べ過ぎればサイズアップします。従って食べ過ぎには注意しなければならず、吸引をしたからといって肥満にならないわけではありません。

体重が減少しにくい

部分痩せには効果のある脂肪吸引ですが、脂肪自体の重量は少ないため、施術をしても体重はあまり変わりません。体重が変わるほどの脂肪吸引は、リスクが高くなるため注意が必要です。

内臓脂肪には効果がない

吸引できるのは皮下脂肪のみで、内臓脂肪は除去することができません。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド