沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 【口コミで評判がいい】沖縄でのピアス穴あけでおすすめクリニック一覧 » ピアス穴あけの費用・注意点・絶対に知っておくべきポイント

ピアス穴あけの費用・注意点・絶対に知っておくべきポイント

ピアス穴あけでよく聞かれる質問をチェック!

ピアス穴あけでよく聞かれる疑問・質問、回答をまとめました。

Q1.沖縄のピアス穴あけの費用相場は?

吹き出し アイコン沖縄のピアス穴あけの費用相場は、片耳で7,000円前後、両耳で10,000~15,000円程度といったところ。地域の皮膚科などを細かく調べれば、よりリーズナブルなクリニックも見つかる可能性はありますが、全国平均に比べて少々高めといった印象です。
軟骨部分になると、1ヶ所10,000~20,000円が費用相場となります。

費用の問題からピアス穴あけを自分でやる人も多いようですが、穴をあけた部分に想定外のトラブルが生じるケースも少なくありません。トラブルの治療費なども考えれば、最初から安全で痛みもないクリニックでピアス穴あけをすることを強くおすすめします。

Q2.ピアス穴あけは痛い?

吹き出し アイコン多少の痛みはありますが、我慢するといったほどの痛みではありません。一般に「洗濯ばさみでつまんだ程度」と言われています。
施術の前には、痛みを軽減させるために氷で耳たぶを冷却します。耳たぶの感覚が麻痺したころに、ピアスガンと言われるピストルのような形をした器具を使って一気に「カシャン」と穴をあけます。

穴をあけた瞬間よりも、穴をあけた直後にジンジンとした痛みを覚える人が多いようですが、それも我慢が必要なほどの痛みではありません。 どうしても痛みが不安という人には、麻酔クリームや局所麻酔を使用することができるので、遠慮せずに申し出るようにしましょう。
なお、耳たぶ以外の部位(ボディピアスなど)については痛みが強いため、局所麻酔をしてから穴あけをする方法が一般的です。

Q3.ファーストピアスはいつごろ外せる?

吹き出し アイコン耳たぶのファーストピアスの場合は、穴あけから1ヶ月半くらいで外すことができます。ボディピアスの場合は、部位によって2~3ヶ月後に外すことができます。

ピアス穴あけをした直後は、皮膚が破れてケガをしている状態。この破れた部分に新たな皮膚が形成されるには、ある程度の期間が必要となります。
この期間を過ぎて痛みや腫れ、浸出液などがなければ、ホールがきちんと形成されたということになり、セカンドピアスを着用することができるようになります。

>ただし、穴あけから1年程度は、まだホールの形成が完全ではありません。ピアスを長期間外してしまうと、ふたたび穴がふさがってしまう可能性があるため、できれば毎日セカンドピアスを着用するようにしましょう。
なお、一般的なホール完成時期を過ぎても、強い痛みや腫れなどの症状が続く場合には、金属アレルギーや感染症を発症している恐れがあります。違和感がある場合には、早めにクリニックを受診するようにしましょう。

Q4.ピアス穴あけ後、いつから入浴やシャンプーができる?

吹き出し アイコン入浴は、ピアス穴あけの当日から可能です。シャンプーは、穴あけの翌日から再開するようにしてください。 シャワーや洗顔は施術当日から行なっても問題ありません。
ただし、施術当日に穴をあけた部位が痛む場合には、念のため入浴を控え、ぬるめのシャワーのみで済ませたほうが良いでしょう。

Q5.金属アレルギーでもピアス穴あけは可能?

吹き出し アイコンピアス穴あけに使用する金属は医療用ステンレスとチタンです。この両金属にアレルギーがない人ならば、問題なく施術を受けることができます。 またクリニックによっては、金属アレルギーの発症を避けるために、シリコン製のファーストピアスを用意している場合もあります。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド