沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄でのフォトRF編【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » フォトRFの痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

フォトRFの痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

フォトRFの施術の痛みについて

フォトRFの痛みは、個人によって感じ方が異なります。一般的には、輪ゴムではじかれた程度と表現されますが、人によってはもう少し強い刺激を感じることもあります。ただし、フォトRFで激痛を感じたという意見は滅多にないため、それほど心配する必要はありません。肌を保護するために、冷却ジェルを塗るなどの工夫もされているため、刺激に弱い方も安心して施術を受けられるでしょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

フォトRFは我慢できないほどの痛みはないと言われていますが、やはり個人差が大きいようです。痛みに弱い人は照射する光の出力を加減してもらったり、麻酔クリームを塗ってもらったり、といった対応をしてもらえます。また、フォトRFの光はうぶ毛にも反応してしまう性質があるので、事前に顔の毛を処理しておくと痛みが軽減されるでしょう。

フォトRFの施術後のダウンタイムについて

フォトRFでは、基本的にはダウンタイムはありません。傷や内出血なども起きないため、施術後すぐにメイクや洗顔することも可能です。照射箇所に薄いかさぶたができることはありますが、これはシミ・ソバカスのメラニン色素が反応している状態で、特に問題はありません。2週間ほどたてば自然にはがれ落ちるでしょう。

フォトRFの施術後の痛みに対するケアや注意点

肌が弱い人や敏感肌の人がフォトRFの施術を受けた場合、赤みやかゆみ、場合によっては痛みを生じることがあります。そんな時は、保冷剤などで顔を冷やすのが有効です。症状がひどい場合には医師から軟膏薬が処方されることもあるので、気になる時にはまず相談してみましょう。また、治療後、敏感になった肌は丁寧に保湿してあげることも重要です。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド