沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での涙袋整形【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » 涙袋整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

涙袋整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

涙袋整形の施術の痛みについて

涙袋整形は、ヒアルロン酸注入での施術になります。部位が目元なので、痛みを感じやすい部分ではあります。しかし、極細の注射針を用い、事前にクリーム麻酔を塗るので痛みは強く感じないでしょう。ただし、痛みの度合いは個人差がありますので、どうしても痛みに耐えられなさそうな方は、一度医師とよく話し合うことも大切です。

施術中の痛みを抑える方法はある?

前項にも上述の通り、塗るタイプの麻酔薬を使用するので痛みは軽減されます。こちらに関しては、整形外科にもよりますが別途費用がかかりますので注意しましょう。 また、ヒアルロン酸注射の中身に麻酔が入っている場合もあります。その場合は、目元を冷やしながら施術が行われます。皮膚を冷たくすることで、肌感覚を鈍感にさせるためです。冷やす、注射を打つ、が繰り返されます。

涙袋整形の施術後のダウンタイムについて

術後は普段通りの生活ができますが、血流が良くなると腫れが出る可能性があるため、施術を受けた日は運動や入浴などを控えるようにしましょう。また、注射によって内出血が起こることがありますが、そのリスクは低いといわれています。化粧に関しては施術直後からOKなのですが、目元付近をこすらないようにしてください。

涙袋整形の施術後の痛みに対するケアや注意点

涙袋整形の施術時間は10分ほどで、術後に通院の必要はありません。 施術後すぐにコンタクトをすることも可能で、傷がつくこともないので心配はいりません。 注入した部位以外は当日からでもマッサージが可能ですが、注入した部位に関しては1週間は強いマッサージなどができないので注意が必要です。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド