沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での二重整形【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » 切開法の仕組み・手術の流れ・効果・口コミを詳しく紹介

切開法の仕組み・手術の流れ・効果・口コミを詳しく紹介

二重整形の手法の1つ、切開法。まぶたにメスを入れて、二重の切り込みを作る方法です。手術の流れや切開法の種類など、施術を受ける前に知っておきたい内容を調べてみました。実際に切開法を受けた人の口コミも一部紹介します。

切開法の仕組み

メスを入れて二重の切れ目を作る施術

切開法はまぶたにメスを入れることで、しっかりとした半永久的な二重を作る二重整形の方法です。理想の二重ラインにメスを入れて、余分な脂肪や筋肉を取り除いてスッキリさせて縫合します。縫合する際に、まぶたを引っ張る挙筋腱膜の一部を一緒に縫合することで、まぶたを開ける時に二重のラインにある皮膚が引っ張られるように。これが、二重のラインになるのです。

2種類の方法「全切開」と「部分切開」

切開法には施術の範囲によって名前が異なります。

全切開

まぶた全体、約3~4cmを切開する施術。幅の広い二重やまぶたが厚い人向けの方法です。まぶたの余分な脂肪や皮膚のたるみを除去することができるため、どんなに厚いまぶたの人でも対応できます。大きく切るため、傷が残らないかが気になりますが、生まれつき二重の人も二重のラインにシワが残るもの。傷が残ったとしても傷は二重のラインになるため目立つことはありません。

部分切開(小切開)

部分切開は約1~2cmを切る施術。全切開より傷が少ない分、回復が早く傷も小さいため、傷が残るのが気になる人や、埋没法があわなかったという人に選ばれます。全切開よりもまぶたを支える幅が小規模となるため、目を閉じると一部だけ引っ張られているように見えることも。術後にどのような状態になるかは医師に要確認しておきましょう。

切開法の手術の流れ

カウンセリング

クリニックの医師と入念なシミュレーションを行い、理想の二重の形や幅を決めます。重瞼棒というという二重整形シミュレーション用の道具を使うと、疑似的な二重を作れるので、術後のリアルなイメージができるはずです。

麻酔クリームの塗布

まぶた全体へ麻酔クリームを塗ります。注射でおこなう麻酔の痛みを和らげるための麻酔です。麻酔注射は思ったよりも痛いもので、苦手な人はたくさんいるため、痛みを最小限にするためにも麻酔クリームを塗っているのです。

デザイン決め

手術前の最終デザインチェックです。カウンセリングで医師と相談したラインを改めて確認しながら顔に線を引いていきます。手鏡を持ちながら確認し、問題なければ施術に移ります。

局所麻酔

手術の痛みを感じないように局部麻酔をします。麻酔注射を打つ前に麻酔クリームを塗っているので、感じる痛みはごくわずかです。

手術

麻酔が効いてきたことが確認できたら手術開始。手術にかかる時間は約30分ほどです。あらかじめ決めておいて二重のラインにそって切開し、まぶたの脂肪を適量に調節し縫合。縫合した縫い目が二重のラインとなります。

アイシング

手術後は、腫れがすぐに引くように5分~10分ほどアイシング。これで、術後の腫れを最小限におさえられます。

手術後

腫れがある程度引いて目が開けられるようになったら、そのまま帰宅できます。術後の肌にメイクをするのはNGのためサングラスなど顔が隠れるグッズを持参していると安心です。

抜糸

手術した日から一週間後に縫合した箇所の糸を抜く抜糸作業があります。糸を抜くだけなので、痛みは伴いません。抜糸した次の日からメイクは可能です。

アフターケア

切開法はメスを入れる分、腫れや赤みが長引きやすいです。どうしても引かない場合は、クリニックに相談すると良いでしょう。医師による健診を受けることができます。

切開法の効果

持続力がある

切開法は半永久的に保つ二重整形です。埋没法は元々まぶたが薄ければ適用できますが、まぶたが厚いとすぐに取れてしまう可能性があります。せっかくお金を払ったのにすぐに取れてしまうのはもったいないです。そのためまぶたが厚く埋没法があわない人は、メスを入れて余分な脂肪や筋肉を取り除いてからしっかり縫合したほうが、結果的にきれいな二重に仕上がります。

実際、切開法を受ける人には、一度埋没法を受けたけれど、糸がとれてしまった経験から、二度と取れない切開法を選ぶということがよくあります。 埋没法は簡単で手軽に受けられる方法ですが、医師に埋没法はあわないかもしれないと判断されたら、自分のまぶたとお財布と相談して切開法を検討するのもよいでしょう。

上向きまつ毛にできる

切開法なら、逆まつ毛を矯正することができます。

まぶたの重い人は、まつ毛が下向きに伸びる逆まつ毛になっていることがあります。これは、まつ毛に上まぶたの皮膚が覆いかぶさるためにまつ毛が上を向けない状態です。まつ毛が目にかかっているため、まつ毛が短いように感じられて、目自体も小さく見られてしまいます。

切開法はまぶたを一度切って必要のない脂肪や筋肉を除去するため、まぶたが軽くなる施術法。合わせて切った箇所を縫い付ける際に、まつ毛が上向きになるよう調整することもできるのです。

切開法を受けた人の口コミ

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド