沖縄の美容整形外科・完全ガイド

二重整形に失敗しない方法!

二重整形の失敗例とその対処法

整形手術をして綺麗なパッチリとした二重になるはずが…。二重整形で一番避けたいのは失敗です。せっかく高いお金を支払って手術をしても満足できないのは残念です。そして手術の種類によっては、修正ができずに失敗した状態で一生を過ごさなくてはいけないケースもあります。

二重手術において失敗事例として多いのはどんなトラブルでしょうか?確実に成功するためにあなたができることもあります。二重整形を受ける前に失敗しないためのポイントをしっかりと抑えておきましょう。

二重手術に多い失敗事例は?!

切開法の失敗事例

切開法で整形手術をした場合に多い失敗事例は二重の幅が広すぎて整形顔になってしまうケースです。切開法ではまぶたの余分な皮膚を切除してもう一度皮膚を縫合します。縫合した部分が二重のラインとなります。

二重幅の広いパッチリとした平行型に憧れて切開手術をすると、想像以上に二重幅が広くなってしまうことがあります。その結果、明らかにまぶたの感じが不自然で整形したとわかってしまうのです。

全切開で皮膚を切除してしまうと、失敗してもその後に修正ができないことがほとんどです。

埋没法の失敗事例

もう一つの手術法である埋没法でも失敗事例が幾つかあります。埋没法は切開法と違い糸で留めて二重のラインを作ります。この糸の留め方が緩かったりすると、綺麗な二重まぶたになりません。逆に締めすぎると内出血や腫れが続いたり、まぶたが引きつった感じになります。

通常埋没法での二重手術は約5年程度で糸が緩むとされていますが、それよりも早く元の状態に戻ってしまうケースが失敗事例として多くあります。またまぶたの皮膚と眼瞼挙筋を留めている糸の位置が悪く、眼球に接触してしまう失敗事例もあります。このケースでは放置しておくと視力が低下してしまったり、目を傷つけてしまうので修正が必要になります。[1]

どちらの手術法が成功率が高いと一概には言えません。その人のまぶたの状態に適した手術法があります。またクリニックや執刀医によって得意とする手術法もあるでしょう。まずは自分がどんな二重まぶたになりたいのか、そのために適しているのはどんな手術法かをまずは相談しましょう。

二重整形に失敗しないために!

失敗しないためにできること、それは信頼できるクリニックと執刀医を選ぶこと。そして手術前に執刀医からのカウンセリングをしっかりと受けることです。二重整形など美容整形ではほんの数センチ、数ミリの違いで顔の印象が大きく変わってしまいます。そしてそのちょっとの違いを見分けてあなたに合った整形手術ができるかは、執刀医の技術と経験に依存していると言ってもいいでしょう。

信頼できるクリニックと執刀医を選ぶ

それで失敗しない整形手術の基本は信頼できるクリニック、執刀医選びです。実際にそのクリニックや医師に整形手術をしてもらった人のコメントや評価を調べてみましょう。一つのサイトだけでなく複数のサイトで調べることで総合的な評価を考えてみましょう。

カウンセリングをしっかりと受ける

信頼できるクリニックと執刀医が見つかったら、次に良くカウンセリングを受けてください。自分の理想とする二重が必ずしも自分の目や顔に似合うとは限りません。二重ラインの幅を大きくしたいという気持ちで平行型の二重にするのは危険です。これはいつもメイクでアイプチやアイテープで二重にしている人に多く見られる失敗事例です。

アイプチであれば、失敗してもすぐに外して元通りですが、整形手術ではそうもいきません。美容外科やクリニックのほとんどでコンピューターを使って二重手術のシミュレーションができます。

芸能人やモデルのような目にしたいという漠然としたイメージで手術をするのではなく、細かな部分まで医師と相談し、自分の顔の形や目の大きさに合った二重のラインを決めましょう。自分の理想とは違う方法やライン幅を提案された時には、医師からのアドバイスを信頼する方がいいでしょう。

これまでに数百、数千と手術をこなしてきているため知識も経験もあるからです。それで最初のポイントにあげているように、信頼できる医師選びは本当に大切になります。経験も知識もない医師だと、アドバイスを信頼した結果手術に失敗してしまうからです。

大切なのでもう一度…失敗しない整形手術には信頼できるクリニックと医師選びが大切です!

参考文献

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド