沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での二重整形【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » 二重整形はなぜ腫れや内出血が起きるの?ダウンタイムを短縮するには?

二重整形はなぜ腫れや内出血が起きるの?ダウンタイムを短縮するには?

二重整形のダウンタイムを短縮するには?

数年前に比べて二重の整形手術を気軽に受ける女性は増えています。手術自体は30分から1時間程度で終わるため、入院なども必要なく日帰りで受けられます。

しかし手術後のダウンタイムはどんな手術方法であっても必要になります。ダウンタイムとは、手術後の腫れや内出血が完全に引くまでの時間の事です。目に手術の跡が残っていると二重整形をしたことがみんなにすぐ気づかれてしまいます。ではダウンタイムを短くするためにどんなことに気を付けたらよいのかを詳しく調べていきましょう。

ダウンタイムを短くするためには?

ダウンタイムが必要な理由

まぶたの皮膚をはじめ、目の周りにある皮膚は他の部分の皮膚に比べて繊細で薄くなっています。そのため埋没法であれ、切開法であれ二重手術をしたあとには腫れや内出血が生じてしまいます。これはどんな名医に手術してもらったとしても生じうると言えるでしょう。

また手術をする際に緊張していると血液の循環が速くなったり、目元にいつも以上に力が入ってしまうと、腫れや内出血も起こりやすくダウンタイムに時間がかかるので注意しましょう。そしてまぶたの状態によってもどれくらいのダウンタイムが必要かに関係しています。まぶたの皮膚組織の下にある脂肪が多い人やぱっちりとした目に憧れて二重の幅を広くとりすぎてしまうと手術後に腫れも強くなる傾向があります。[1]

ダウンタイム中のごまかし方

二重手術後に腫れや内出血が最も強くでるのは翌日です。その後少しずつ症状は緩和していきます。次の日くらいは会社を休めたとしても、その後1~2週間も休み続けるのは難しい。腫れや内出血が目立たなくなるまでの上手なごまかし方を知っていれば、二重整形をしたことがバレずに済みます。

メイク方法
一番簡単にそして効果的な方法。切開法で手術をした場合には1週間程度が経過して抜糸となります。埋没法であれば、まぶたの状態によっては手術の翌日からメイクができます。
ポイントになるのは、ダーク系のアイシャドウを使うことです。これでまぶたの赤みや内出血も上手くごまかせます。またアイラインをいつもよりも太く引けば目元の腫れも気にならなくなります。
縁アリ眼鏡
一番いいのはサングラスですが、仕事中もサングラスをかけることはできません。それでおすすめなのが、今流行りの縁アリ眼鏡。
少し太めの縁であれば、二重手術をしたまぶたの傷跡あたりにちょうど眼鏡の縁が重なってごまかせます。ドライアイ対策などで目が悪くなくても眼鏡をかける人が増えているので、それほど違和感なくできるごまかし方です。
印象を変えておく
手術後に急にアイメイクが濃くなったり、眼鏡をかけると違和感があります。それで手術前に少しずつ印象を変えておくことも大切な方法。
一重まぶたが急に二重まぶたになるのも変に思う人がいるので、アイプチやメザイクを使って二重の印象を事前に持ってもらうのも良い方法です。さらに手術後に髪型を一新すれば、「何か変わった?」と思われても髪型をいい訳にできます。[2]
ダウンタイムを短くする方法
手術後にアイシングをすることが効果的です。また激しい運動やアルコールなどの血流が良くなる行動を控えることも腫れや内出血を抑えるために必要です。ダウンタイムを短くするために最も大切なのは、手術の方法と執刀医の選び方です。これがダウンタイムに大きく関係します。
一般的に切開法と埋没法の2種類から選ぶ二重手術では、埋没法がダウンタイムが短いです。特殊な糸でまぶたの数か所を留めることで二重ラインを形成するため、切開する必要もありません。順調にいけば、1~2週間で腫れも傷跡も目立たなくなります。ただし、腫れや内出血がでないように糸の留め方が緩くなったり、留める箇所が少なかったりすると、腫れが引いた時に綺麗な二重が形成されない可能性もあります。
そこで大切になるのが、執刀医やクリニック選びです。執刀医がどれだけ丁寧な手術をしてくれるか、どれくらいの技術を持っているかによって手術後の二重ラインの綺麗さはもちろん、ダウンタイムの長さも決まってきます。クリニックを決める前に、二重手術をした人のコメントや評価、実際に使っている医療機器などを確認しましょう。失敗しない二重整形には執刀医とクリニック選びが大切です。[3]

参考文献

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド