沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 【口コミで評判】沖縄での二重整形でおすすめクリニック一覧 » バレないでできる二重整形のポイントとごまかし方は?

バレないでできる二重整形のポイントとごまかし方は?

バレないでできる二重整形の方法は?

二重まぶたになれば、ぱっちりとした大きな目になります。アイプチやアイテープなどでも二重にできますが、アイメイクを落としてしまうとまた一重に戻ってしまいます。そんな二重に憧れて整形手術を受ける女性は年々増えています。でも「整形手術をして家族や仕事場でバレないか?」と心配に。周りにバレにくい整形手術の方法、そしてごまかし方について詳しくご紹介します。これであなたも安心して二重整形ができます。

バレにくい二重整形手術とごまかし方!?

二重整形手術法

一重や奥二重を綺麗な二重まぶたにする整形手術には2つの方法があります。それは「切開法」と「埋没法」です。それぞれメリットとデメリットがありますが、バレにくい二重整形という点では埋没法がおススメです。

埋没法では、柔らかく極細の特殊糸で手術を行います。まぶたの下にある筋肉と皮膚を糸で連結させることで二重のラインを作ります。連結箇所が少なければ手術後の腫れや内出血も少なくなります。手術自体も30分程度で終わる簡単なものです。埋没法がおススメなのは手術後のダウンタイムが短いためです。

まぶたの皮膚組織は非常に薄く繊細なので、ちょっとした手術でも腫れたり内出血が起きます。個人差もありますが、埋没法でも腫れや内出血は術後に生じます。しかし皮膚を切開して二重ラインを作る切開法に比べると症状は軽く、早い段階で収まります。そのため二重整形をしても自然に馴染みます。埋没法にも色々な術式があるので、執刀医と相談しながら自分のまぶたの状態に適した方法で手術を受けるようにしましょう。[1]

自然な二重にする

自然な二重というのは、違和感のない二重にするということです。今まで一重だったのに急にライン幅の広いパッチリした二重になると、誰でも違和感を覚えます。すぐに整形手術をしたことがバレてしまうでしょう。

また二重のライン幅を広くつけようとすると、手術後にまぶたが腫れたり内出血を起こしやすくなります。バレない二重整形の基本は腫れや内出血を極力抑えることです。また埋没法のデメリットの一つでもありますが、糸で留めるだけの手術なので時間の経過と共に糸が緩み元の状態に戻ってしまいます。二重のライン幅が狭いと糸の緩みも少ないため、数年間は元の状態に戻る心配もありません。[2]

バレないごまかし方といい訳

アイシング
できるだけ腫れや内出血が出ないように、手術後は目元を冷やすようにしましょう。
2、3日で目の腫れは引いていきます。アイシングをすることで腫れが幾分はやく引き、以前と同じようにアイメイクができるようになります。何日もアイシングをすると血行が悪くなる原因となるので、腫れが引いたらやめましょう。
アイメイク
明るめのアイシャドウなどでアイメイクをすると、腫れや内出血が目立ってしまい整形手術がバレてしまいます。それでブラウン系など濃いめのアイシャドウでメイクをするようにしましょう。
赤く腫れていても気になりませんし、内出血も目立ちません。ただし手術前までは明るめのメイクだったのが、急にダーク系になると不自然になるため整形手術をする数週間前から少しずつアイメイクの雰囲気を変えていくと手術後も自然な印象になります。
ヘアスタイル
整形手術をして目元だけが変わっていると、雰囲気が変わったことがすぐにバレてしまいます。それで大胆にヘアスタイルを変えることでカモフラージュすることも効果的です。
長めの髪を短く切ったり、パーマをかけたり、色を変えたりできます。二重にしたということよりも、髪型が変わったということに注意が行くため整形手術もバレにくくなります。[3]
執刀医とクリニック選び
やはり一番大切なのは技術と経験のある腕のいい執刀医に手術をしてもらうことです。
最新の医療機器が揃っていても、それを使うための技術や知識がなければほとんど意味がありません。二重整形手術の出来栄えは良くも悪くも執刀医次第です。同じ手術方法でも執刀医によって見栄えも、ダウンタイムにかかる時間も変わります。腕が良ければ手術時間も短くて済むので、術後の腫れや内出血も最小限で治まります。それでバレずに整形手術をしたい人は、まず評判の良いクリニック、そして執刀医を見つけるようにしましょう。

参考文献

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド