沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での唇整形【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » 唇整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

唇整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

唇整形の施術の痛みについて

施術後1週間は傷口の痛みが続きます。施術箇所全体にジワンジワンとする感覚は長くなる可能性があります。デリケートな部位でもあるので個人差がありますが、もし想定していた期間以上に違和感が残るならば、施術担当スタッフに相談してみるのが一番です。

施術中の痛みを抑える方法はある?

唇整形には痛みが出るのではないかと心配する方も少なくありません。施術の前には、局所麻酔やクリーム麻酔で痛みを抑え、局所麻酔をする場合でも、注射の痛みはチクッとする程度です。注射の痛みを和らげるためには、クリーム麻酔が施されます。クリーム麻酔の場合は痛みを感じることもありません。

唇整形の施術後のダウンタイムについて

切開や麻酔の影響で腫れが出てしまいますが、施術当日からシャワーや洗顔が可能です。施術約10日後に抜糸するときには、個人差がありますが腫れはほとんど引いています。施術を受ける前のように、化粧も問題なくできるようになりますが、施術箇所が目立つ可能性があります。その際は、マスクを着用するようにしましょう。

唇整形の施術後の痛みに対するケアや注意点

痛みが生じますので、痛み止めでコントロールするようにしてください。シャワーや洗髪は施術当日から可能です。ただ、肉体労働や激しい運動は厳しいです。術後の見た目に関してはマスクをすれば人前に出ることは可能ですが、ずっとマスクができない環境の人は学校や仕事を休むのが懸命です。完全に腫れが引くのに最大で半年を要するので、術後しばらくはマスクの生活が続くと考えてください。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド