沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での小顔整形【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » 小顔整形の痛み・ダウンタイム・対処法は?実際に受けた人の感想まとめ

小顔整形の痛み・ダウンタイム・対処法は?実際に受けた人の感想まとめ

小顔整形の施術の痛みについて

「小顔整形」とひとくちに言っても方法はさまざま。エラや頬の骨を削る大掛かりな小顔整形では、手術が終わって麻酔の効果が切れた後に痛むケースが多いですが、2~3日かけて痛みは徐々に消えていきます。

施術の痛みが心配な方には「ボトックス注射」や「BNLS注射」という小顔整形がおすすめ。注射を使って小顔に効果的な薬液を注入する方法で、痛みの少なさが特徴です。術後に軽い筋肉痛のような症状があらわれることもありますが、日常生活に支障がでるほどではありません。

施術中の痛みを抑える方法はある?

エラや頬の骨を削るような大掛かりな小顔整形は、一般的に麻酔を打ってから行うので施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

一方「ボトックス注射」や「BNLS注射」は、チクっと痛む程度なので、麻酔を使わないで施術するケースがほとんど。患部の状態や患者の希望を考慮して、極細の注射針に変える、または表面麻酔を打って施術してもらうことも可能です。痛みが心配な方は、事前に医師へ相談すると良いでしょう。

小顔整形の施術後のダウンタイムについて

メスを入れる施術を受けた場合は、2週間ほど腫れが続き、その後徐々にひいていきます。仕事の都合上、長期の休みをとるのが難しい方は、ダウンタイムが少ないボトックス注射やBNLS注射を選ぶと良いでしょう。術後に腫れることもありますが、多少むくんでいるように見える程度です。

小顔整形の施術後の痛みに対するケアや注意点

エラや頬の骨を削る大掛かりな手術を受けた場合、シャワーは施術を受けた翌日から可能ですが、お湯につかるのは3日後から。また、術後3日間は患部の腫れを抑えるために、フェイスバンテージで圧迫する必要があります。アフターケアを行っているクリニックが多いので、痛みや腫れがひどい場合は医師に相談しましょう。

小顔整形を受けた人たちの痛みに関する口コミ

小顔整形の痛みに関する口コミをチェックしてみましょう。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド