沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 【2018年最新版】沖縄でのヒアルロン酸注入のクリニック5選 » ヒアルロン酸注入の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ヒアルロン酸注入の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ヒアルロン酸注入の施術の痛みについて

ヒアルロン酸注入は、注射針を皮膚に刺すことで体内にヒアルロン酸を注入します。そのため、注射針が刺さる際の刺激はどうしても感じることになります。麻酔クリームを塗り注射針の刺激は軽減されますが、人によってどの程度痛みを感じるかには差があります。心配な場合は、事前に医師に相談しておきましょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

ヒアルロン酸注入では施術部位に注射針を刺す時と、ヒアルロン酸を注入する時に痛みを伴います。そのため、施術時には局所麻酔が用いられます。それでも麻酔の針を刺す時にも痛みがあるため、事前にクリーム麻酔を塗ってから麻酔処置を行うなど、各クリニックによってさまざまな痛み対策を行っているようです。

ヒアルロン酸注入の施術後のダウンタイムについて

注射による施術なので注射跡が残りますが、もし腫れてしまった場合でも、通常2~3日程度でおさまるでしょう。ただし、万が一内出血で青あざが生じてしまった場合などは、消えるまでに1~2週間くらいかかることもあります。そんな時は化粧で上手にカバーする方法をアドバイスしてくれるクリニックもあるので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸注入の施術後の痛みに対するケアや注意点

ヒアルロン酸注入の施術を受けた当日は、運動、飲酒、入浴といった、代謝が良くなるような行為は避けるようにしましょう。施術直後に代謝が良くなってしまうと、腫れや内出血を生じやすくなってしまうのです。また、施術部位に細菌が入って炎症などが引き起こされると、痛みを伴ったトラブルに発展する恐れもあるので注意が必要です。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド