沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での鼻整形の口コミが評判のおすすめクリニック一覧 » 鼻整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

鼻整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

鼻整形の施術の痛みについて

整形と聞くと、それだけで「身体に傷をつけるのだから痛みがあるのではないか」と心配になる方も少なくないでしょう。しかし、ヒアルロン酸を注入する場合には、メスではなく針を使用することや局所麻酔を使用すること、そして自然の成分を注入することから痛みは少ないといわれています。 それに対してプロテーゼを挿入する場合は、固形物のため針ではなくメスを使用します。そのため、局所麻酔が効きづらいこともあり、注射での麻酔や鼻から吸引する笑気麻酔を使用するケースもあります。しかし、異物を挿入する点や30分ほどかかるという点から、ヒアルロン酸の注入よりも痛みが強く感じられる場合が多いといわれています。

施術中の痛みを抑える方法はある?

ヒアルロン酸注射を行う場合は、局所麻酔、もしくは麻酔クリームを使うことで痛みが抑えられます。また、クリニックによっては、ヒアルロン酸のpHを調整することで、痛みを低減しています。 プロテーゼ施術の場合、局所麻酔もしくは静脈麻酔で手術が行われますが、意識がない状態で手術をうけるための静脈麻酔を受けるには、別途料金がかかる場合があります。 上述の麻酔以外にも、表面クリーム麻酔や笑気ガス麻酔を組み合わせることができます。 しかし、鼻には神経が集中しているので施術の痛みを軽くする麻酔自体が痛いのが事実。麻酔の痛みを軽くするには、麻酔の注射を行う医師の技術、針の細さにも関係してくるため、痛みに不安のある方は、事前にしっかりと相談してください。

鼻整形の施術後のダウンタイムについて

ヒアルロン酸注射は切らない施術なので、基本的にほとんどダウンタイムはありません。 しかし、施術後1週間ほどは内出血のため、鼻をさわると痛みを感じることがあるようです。 プロテーゼ施術後、3日ほどで腫れがピークとなりますが、目立つ腫れは1週間ほどで消えます。その後、約3ヵ月から半年ほど、手術で出来た鼻の中の傷が硬くあると言われていますが、徐々に傷と痛いは薄れていきます。

鼻整形の施術後の痛みに対するケアや注意点

ヒアルロン酸注射は基本的にダウンタイムがない施術ですが、施術直後に激しい運動を行い、血流が良くなることで、内出血が生じることがあります。そのため、施術の当日は激しい運動は控えるほうがよいでしょう。 プロテーゼの術後の痛みを軽減するには、静かにおとなしく過ごすことが大事です。腫れや痛みなどがあってもマッサージなどはせずに、ぬらさないように軽く冷やすことが効果的です。また、クリニックから処方された鎮痛剤をきちんと飲むこと。寝る時には、仰向けで頭を高くすることも有効です。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド