沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄での鼻整形の口コミが評判のおすすめクリニック一覧 » 鼻整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

鼻整形の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ダウンタイムの期間

鼻 手術

ダウンタイムとは施術を受けてから体が回復するまでに要する期間のことで、施術の内容によってその長さは異なります。

まずヒアルロン酸注射はメスを使わない施術なのでダウンタイムはほとんどありません。ただ、施術後に内出血が発生することがあり、鼻を触った時に痛みを感じることもあるようです。

その場合は施術後1週間程度で症状は徐々におさまります。一方のプロテーゼ挿入はメスを使用するので、施術後は3日ほど患部が腫れます。

その後は徐々に落ち着き、1週間ほどで鎮静化しますが、鼻根部に関しては腫れが長引きやすく、完全に落ち着くまでには1ヶ月ほどかかると言われています。

また、切開の傷跡に関しては目立たなくなるまでに3~6ヶ月ほど要します。

ダウンタイム中のケア

ヒアルロン酸注射はダウンタイムがほぼない施術ですが、術後に激しい運動を行うと血行が良くなり、内出血を起こす可能性があります。施術当日は激しい運動は控え、おとなしく過ごすことを心がけましょう。

また、ヒアルロン酸は注入してから安定するまでやや時間がかかります。少々の力を加えただけでもヒアルロン酸が移動してしまったり、広がってしまったりして不自然な仕上がりになることがあるので、術後2日くらいはメガネやサングラスなどをかけないようにしましょう。

一方、プロテーゼ挿入の場合も術後は患部が腫れますので、安静に過ごすことが大事です。腫れがひどい場合は冷やすのも有効ですが、マッサージなどはしないようにしましょう。

腫れがひいた後も、術後最低4週間程度は鼻に負担がかかること(鼻かみなど)は避けて生活するよう心がけます。

また、プロテーゼ挿入の場合はクリニックから鎮痛剤などが処方されますが、医師の指示に従ってきちんと服用するようにします。

ダウンタイムを短くするには

ダウンタイムを短くするためには、とにかく患部に余計な刺激を与えないよう注意することが大切です。鼻に触ったり、マッサージをしたりすると腫れや内出血がひどくなるおそれがあるので厳禁。

最低でも腫れがおさまるまでは鼻の付近を触らないよう配慮しましょう。また、施術後の過ごし方については医師の指示にしっかり従うことが大切です。

施術後に医師から処方された薬は自己判断で使用を中止したりせず、用法用量を守ってしっかり服用すればダウンタイムを長引かせずに済みます。

隠せるお化粧テクニック

ヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入などを行うと少なからず傷跡が残ってしまいます。

場合によっては内出血が起こり、赤黒く変色してしまうこともあるので、どうしても見た目が気になってしまうところですよね。そんなときはメイクで内出血の痕をうまくカバーするのがおすすめ。

ヒアルロン酸注入は術後に患部を冷やし、出血がなければメイクして帰宅してもOKですし、プロテーゼ挿入の場合も腫れが引いた後は強くこすったりしなければ顔全体にメイクすることが可能です。内出血をカバーするときのポイントは、肌色に合わせて色味を調整すること。

内出血は当初は青色ですが、時間の経過とともに赤紫、赤、オレンジ、薄茶と変化していきます。このとき、肌色と同じ色味を使ってもカバーできませんので、青色ならオレンジ、赤紫なら緑など、反対の色を使用するとうまくぼかすことができます。

その上からベージュやホワイトで明るさを調整すれば内出血の痕をうまくカバーすることができますよ。

手術は痛い?

整形というと「切ったり縫ったりするから痛そう…」と不安になる人も多いのですが、痛みに関しては施術法によって異なります。

まずヒアルロン酸注入の場合は、医療用の極細針を使って注入するので痛みはほとんどありません。クリニックによっては痛みに弱い人や不安が強い人のために麻酔やアイシングを施してくれるため、ストレスなく施術できるでしょう。

一方、プロテーゼは固形なのでメスで切開して挿入することになります。もちろん麻酔は使用しますが、液体を注入するヒアルロン酸注入に比べて時間がかかること、違和感を覚えやすいことから痛みを感じるケースが多いようです。

痛みが気になるようならプロテーゼよりもヒアルロン酸注入を選んだほうが良いでしょう。

痛みを抑えるには?

ヒアルロン酸注射は比較的痛みの少ない施術方法ですが、痛みが気になる場合は局所麻酔や麻酔クリームを利用して痛みを抑えることになります。

クリニックによっては注入するヒアルロン酸のpHを調整して痛みを軽減するところもあるようです。このほかに、患部をアイシングして痛みを軽減するなどの工夫を施しているクリニックもあります。

一方、プロテーゼ挿入の場合はメスを使用するため、局所麻酔または静脈麻酔を使用して施術します。局所麻酔は施術費込みのケースが多く、別途料金が発生することはありませんが、鼻には神経が集中しているので麻酔針そのものに強い痛みを感じることがあるようです。

また、局所麻酔は患部の神経のみを麻痺させるので、施術中でも意識があることから恐怖感を覚える人もいます。静脈注射なら腕に注射するので局所麻酔より痛みは少ないですし、施術中は意識がなくなるので、施術そのものが怖い人に適しています。

ただ、別途麻酔代が必要となりますし、体への負担も大きいのでどちらを選ぶかは医師と相談して決めたほうが良いでしょう。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド