沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄でのフェイスリフトの口コミが評判のおすすめクリニック一覧

沖縄でのフェイスリフトの口コミが評判のおすすめクリニック一覧

お肌カテゴリ_イメージ_画像

フェイスリフトとは何か?施術の方法など気になる内容を具体的に紹介していきます。

フェイスリフトの仕組みについて

フェイスリフトには、さまざまな種類があります。例えば、メスを使用することでリフトアップする手術や、糸の力で皮膚を持ち上げる方法もあります。金の糸など、糸を埋め込むことで皮膚を刺激し、肌質をアップしてフェイスリフトを狙うことも可能です。

他にも、ヒアルロン酸やボトックスなどの美容成分を注入したり、レーザーや高周波、超音波などを肌に照射したりすることで、フェイスリフトできる美容方法もあります。これらのなかからどの仕組みを選ぶかは、求める効果や肌の状態、予算などによっても違ってくるでしょう。

傾向としては、ダウンタイムの短い方法が選ばれやすくなっています。また、持続性のあるフェイスリフトの仕組みが好まれやすいことから、レーザーなどのマシンを使用した施術が人気です。

もっと気軽に施術を受けたいという方からは、注入系のフェイスリフト法が選ばれています。自分の要望に合った方法について、医師とよく相談のうえ選択してみてはいかがでしょうか。

フェイスリフトが受けられる沖縄の美容整形クリニック一覧

表参道スキンクリニック 沖縄院

住所 沖縄県那覇市松尾2-8-19ドンキホーテ国際通り店ビル5F 表参道スキンクリニック ホームページ 画像
診療時間 火、水、木、金、土12時から20時
日、祝11時から19時>
休診日 月曜日
施術内容 前額部フェイスリフト術、コメカミリフト、頬部フェイスリフト術など
料金 前額部フェイスリフト術 800,000円
コメカミリフト 450,000円
前額部フェイスリフト術+眉間縦皺 1,000,000円
頬部フェイスリフト術 900,000円
頸部フェイスリフト術 600,000円
頬部+頸部フェイスリフト術 1,200,000円
トータルフェイスリフト 2,000,000円
麻酔の有り無し/種類 有り/全身麻酔、静脈麻酔、笑気麻酔、局所麻酔
URL https://omotesando-skin.jp/
各施術プランの特徴

表参道スキンクリニック 沖縄院のフェイスリフトは、ダウンタイムがほとんどないので、処置後すぐにメイクをすることができます。照射や注入法よりも確実に引き上げ効果を得られるので、施術を繰り返すうちに肌の再生力が高まってくることに気付くでしょう。早い段階からフェイスリフトを行えば、たるみなどの予防につながります。

品川スキンクリニック

住所 沖縄県那覇市おもろまち1-1-12那覇新都心センタービル1F 品川スキンクリニック ホームページ 画像
診療時間 10時から19時
休診日 なし
施術内容 フェザーリフト
料金 フェザーリフト 1本14,660円
(非会員18,330円)
麻酔の有り無し/種類 有り/局所麻酔
URL https://shinagawa-skin.com/
各施術プランの特徴

溶ける素材で作られた棘のある糸を使用します。従来の糸に比べて長い間引っ張り続けることができるので、頻繁にフェイスリフトを繰り返す必要がありません。理想的なフェイスアップ効果を期待できます。

ジョウクリニック

住所 沖縄県那覇市牧志2-18-7共伸産業ビル5F ジョウクリニック ホームページ 画像
診療時間 10時から19時
電話受付は21時まで
休診日 HPに記載なし
施術内容 ロイヤルローズミントリフト
料金 フェイスリフト 1,188,000円
麻酔の有り無し/種類 有り/局所麻酔や静脈麻酔
URL https://www.joeclinic.jp/
各施術プランの特徴

ロイヤルローズミントリフトでは、従来とは異なる特殊な構造の糸を使用しています。糸に「棘」のようなものを付けることで、強度と持続性が飛躍的に向上。より確実なリフトアップ効果が期待できるようになりました。また、体内で溶けて吸収される成分でできている糸のため、高い安全性も実現。フェイスラインに出やすいたるみを改善するのに、非常に効果的な治療方法です。

当山美容形成外科

住所 沖縄県那覇市久茂地2-11-18 当山美容形成外科 ホームページ 画像
診療時間 平日午前9時~12時、午後2時~6時
土曜日午前9時~12時、午後2時~5時
休診日 日曜・祝祭日
施術内容 ボリュームリフト、リードファインリフトなど
料金 テンプル(側頭部)、法令線(鼻唇溝部)、
マリオネットライン(口角部)、頚部 700,000円
法令線や口角部のたるみ 500,000円
眼の上のシワとり 両方180,000円
眼の下のシワとり 両方250,000円
麻酔の有り無し/種類 有り/全身麻酔や局所麻酔
URL http://www.touyama.com/
各施術プランの特徴

ボリュームリフトでは、顔の部分的な凹みを改善することができます。額、ほうれい線、マリオネットラインの改善などにおいて、特に高い効果が期待できます。リードファインリフトは、体内で溶ける糸を利用した治療方法です。コーラゲンの働きを促し、肌を引き締めることで、フェイスアップ効果を生み出します。

新垣形成外科

住所 沖縄県宜野湾市字宇地泊729 新垣形成外科 ホームページ 画像
診療時間 月、火、水、金、土9時半〜12時半、14時〜17時半
休診日 木曜、日曜、祝祭日
施術内容 スプリングリフト、ブローリフト
料金 スプリングリフト 500,000円~
ブローリフト 400,000円
麻酔の有り無し/種類 有り/局所麻酔
URL https://www.arakakikeisei.com/
各施術プランの特徴

まずはカウンセリングを行い、額の深いシワにはブローリフト、顔全体のリフトアップにはスプリングリフトなど、その人に最適な施術を提案します。

フェイスリフトの種類 ~4つのアプローチ~

フェイスリフトには皮膚の切開を行なうものや薬剤を注入するものなど、様々な種類があります。 ここではフェイスリフトの4つの施術方法について解説していきます。

切開によりたるみを取り除くフェイスリフト

耳の周りや髪の生え際など、傷口が目立たない場所を選んで切開。たるんだ皮膚や筋肉を物理的に引き上げ、余った皮を切除して縫合固定します。

古くから存在するフェイスリフトの手法の一つですが、現在でも最も確実な効果をあげる若返り法として、年配の女性を中心に広く実施されています。

【メリット】
  • 効果が見えやすい
  • 傷跡が目立たない(髪の毛に隠れる)
  • 他のリフトアップ術よりも効果が分かりやすい
【デメリット】
  • 術後に腫れを伴うことがある
  • 医師の技術力により仕上がりが異なる
  • 術後、抜糸のための通院が必要

糸を使ったフェイスリフト

皮膚の内部に医療用の糸を埋め込めこむ手法。糸周辺にコラーゲンなどが生成されるため、時間とともに、徐々に皮膚の引き上げ効果を実感することができます。

糸の種類により、金の糸、スプリングスレッドリフト、ウルトラVリフト、シルエットリフト、ハッピーリフトなど、様々なタイプのメニューが用意されています。皮膚内でやがて溶けてなくなるタイプの糸と、溶けずに来乗り続ける糸があることも理解しておきましょう。

【メリット】
  • 一般に切開は必要ないので傷口が残らない
  • 徐々に変化するので、整形したことがバレにくい
【デメリット】
  • 溶ける糸の場合、リフトアップ効果は1年程度で低下する
  • 溶けない糸の場合、修正が困難な場合がある

高周波や超音波マシンを使ったフェイスリフト

顔に高周波や超音波を照射し、肌の内部を引き締めることでリフトアップ効果を狙う施術。施術により10歳若返った場合、その時点から、改めて毎年1歳ずつ顔が老けていく、といったイメージの施術です。

皮膚表面の引き締めには高周波、皮膚の奥深い部分の引き締めには超音波が適しています。メスや注射を使用することはないため、どんな方でも安心して施術を受けることができるでしょ。

【メリット】
  • 人によっては高い若返り効果が期待できる
  • 外科的処置が不要なので安心して受けられる
  • 20代でも90代でも、年齢に関わらず適応可能
【デメリット】
  • 使用するマシンにより、施術時に痛みを伴うことがある
  • まれにヤケドや色素沈着の副作用を生じる
  • 照射系リフトアップとは言え、決して治療費は安くない

注射を使ったフェイスリフト

ヒアルロン酸やボトックスを皮下に注入してリフトアップ効果を狙う手法。内側から肌に弾力を与えたり、無駄に働いている筋肉を弱らせたりすることで、たるみやシワなどを悩みを改善させます。

注射を使用して薬剤を注入するのみなので、傷口が残る心配はありません。施術時間は20分程度。会社帰りなどでも、気軽に受けることができる施術です。

【メリット】
  • 薬剤の種類によっては、リフトアップの即効性が期待できる
  • 気軽に治療を受けることができる
【デメリット】
  • 効果の持続期間が短い(3~6ヶ月程度)
  • 医師の技術力により効果に差が出る
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド