沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 【2018版】沖縄でのケミカルピーリング・おすすめ5選 » ケミカルピーリングの痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ケミカルピーリングの痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ケミカルピーリングの施術の痛みについて

ケミカルピーリングには、痛みというほどではないものの、人によっては刺激を感じることがあります。その違和感には個人差もあり、ドクターの腕や施術後の過ごし方なども関係してきます。そもそも、傷や炎症がある箇所にはケミカルピーリングは行えません。刺激や赤みなどは2~3日で治まるのが通常ですが、痛みが続くようであれば医師に相談してみましょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

ケミカルピーリングではピリピリとした刺激を感じることがありますが、我慢できないような痛みを生じることはまずありません。しかし一部の激安店などでは海外向けの強い薬剤を使用している場合もあり、肌が弱い人だと痛みやトラブルにつながることにもなりかねません。日本人の肌に合った適切な施術を行なっているところで受ければ、そういった問題を事前に防ぐことができます。

ケミカルピーリングの施術後のダウンタイムについて

現在受けられるケミカルピーリングはマイルドなものがほとんど。そのため、ダウンタイムはほぼありません。施術直後からメイクも洗顔もOKなので、仕事などの合間に治療を受けることも可能です。肌質が合わない場合は直後に赤みなどが出ることもありますが、数時間で消える場合がほとんどです。

ケミカルピーリングの施術後の痛みに対するケアや注意点

ケミカルピーリングによって痛みが生じることはまずありませんが、施術後には保冷剤や美容パックなどを使い、しっかりとクールダウンしておきましょう。万が一炎症などの肌トラブルに見舞われることもあるので、入念なケアが重要なのです。また、施術後の肌はとてもデリケートな状態になっているため、日焼けや乾燥にも要注意。保湿・紫外線対策も忘れずに行うようにしてください。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド