沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄でのボトックス注射【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » ボトックス注射の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ボトックス注射の痛みは?対処法は?ダウンタイムを短縮するには?

ボトックス注射の施術の痛みについて

ボトックス注射は、注射針で刺すことによる痛みを感じる可能性があります。基本的に麻酔を使用してからの施術となりますが、刺激の感じ方には個人差もあり、チクッとした感覚を訴える人もいるのです。注射の前には、クーリングをして痛みを感じないようにする工夫がされることも。クリニックによっても痛み対策は異なりますが、基本的には痛みについてそれほど心配する必要はないでしょう。

施術中の痛みを抑える方法はある?

ボトックス注射は注射を使った治療法なので、針の刺さる時や、薬剤を注入される時に痛みを感じます。対応はクリニックによってさまざまですが、希望すれば事前に麻酔をかけてもらえるでしょう。表面麻酔だけでは不安だという人は、事前に医師とよく相談しておいてください。痛みが苦手な人には、笑気麻酔を使ってくれる場合もあります。

ボトックス注射の施術後のダウンタイムについて

ボトックス注射では、注射をした部位に少し赤みが出るほか、施術後に腫れや内出血が生じることがあります。使用される注射針は細いものになっているので、注射跡はすぐに目立たなくなります。もし内出血や腫れが出た場合でも2~3日程度で元通りになることがほとんどなので、ダウンタイムは比較的短いと言えるでしょう。

ボトックス注射の施術後の痛みに対するケアや注意点

ボトックス施術後は、麻酔が切れた時に痛みを感じるようになったり、施術部位が腫れたりすることがあります。そういった場合には、施術部位をよく冷やすことで症状を軽減することができるはず。また、施術当日には飲酒や激しい運動を避けるにしましょう。血流がよくなりすぎたり大量に汗をかいたりすると、思わぬトラブルを引き起す可能性があります。

ボトックス注射の施術前に知っておきたい注意点

まれにボトックス注射でアレルギー反応を起こす方がいるようです。その他、妊娠を希望している方や緑内障、慢性呼吸疾患、重度の筋力低下、筋肉萎縮のある方はボトックス注射ができません。治療中の病気がある方は必ず担当医に伝えておく必要があります。施術当日の飲酒も絶対にNG。ボトックスの成分は熱とアルコールに弱い性質を持っています。飲酒してしまうとせっかくの施術の効果がなくなってしまうのです。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド