沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄でのボトックス注射【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » ボトックス注射の効果は絶大?【メリット・デメリット】を知っておこう

ボトックス注射の効果は絶大?【メリット・デメリット】を知っておこう

ボトックス注射にはどのようなメリット・デメリットがあるのか?その効果について解説します。

ボトックス注射のメリットについて

ボトックス注射のメリットは、注射をするだけで簡単に効果が期待できることです。注射をすることで幅広い効き目を発揮しますが、特に人気なのがしわ消しです。笑ったり怒ったりすることで出来ていく表情じわは、豊かな表情の勲章のような反面、年齢を感じさせやすいポイントです。ボトックス注射なら、ものの数分で施術が完了し、表情じわが改善されたことを感じるでしょう。

ボトックス注射に使用される薬剤は、厚生労働省に認可されているものです。適切な量を守れば、非常に安全性が高いというメリットもあります。数分の施術で、3~9ヶ月の持続効果を得られるうえ、繰り返し施術することで半永久的に効果を継続させることも可能です。

筋肉が張っている場合のエラ張りや小顔対策にも、ボトックス注射は有効です。顔が小さく見えることによって、全身のバランスも良くなってきます。

ガミースマイルの治療や顔の非対称を改善する際の治療にも、ボトックス注射で効果を得られます。首筋に縦に走るしわなどにも、効果的です。顔面だけでなく、ふくらはぎを細くするための治療にも、ボトックス注射が使用されています。

ボトックス注射のなかでも、マイクロボトックスと呼ばれる治療法では、毛穴の開きを抑え、ニキビの改善にも有効です。傷跡の治療や多汗症の治療など、マルチな効果を発揮してくれるボトックス注射は、メイクや洗顔、入浴も当日中に可能です。施術する医師によっても仕上がりが違ってくるため、ボトックス注射に実績のある医師を選ぶようにしましょう。

ボトックス注射のデメリットについて

ボトックス注射のデメリットは、1回の注射では半永久的な効果を得られない点にあります。1回の施術で持続が見込める期間は、3~9ヶ月ほど。期間に幅があるのは、ボトックス薬剤の量や個人にもよるためです。ボトックス薬剤の量は多ければ多いほど良いというわけではなく、適度な量を見極めることも重要になります。仕上がりにも影響するため、腕の良い医師に施術を依頼しないと、デメリットにつながってしまう可能性があるでしょう。

効果の持続期間が限定されるボトックス注射は、半永久的に効果を継続させたい場合、一定期間ごとに繰り返し施術を受ける必要があります。そのため、費用がかさんでしまうことがデメリットとなる場合もあるでしょう。また、効果が出始めるタイミングは、施術から1~2週間後のケースが多いです。注射での施術とあって、即効性を期待する方もいるかもしれませんが、ボトックス注射では施術から効果が出るまで少し経過を見る必要があります。どのくらいのタイミングで効果を出したいか、医師と相談しながら治療計画を決めると良いでしょう。

ボトックス注射は、顔面けいれんやまぶたのけいれんなどの治療にも使用されています。これらの施術では健康保険が適用されますが、美容整形としての治療では健康保険適用外です。そのため、美容目的のボトックス注射は費用がかさむのがデメリットといえるでしょう。1回の費用には違和感を覚えなくても、数ヶ月おきに注射を打つようになってくると、毎回の費用負担が重荷になってくることもあります。

美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド