沖縄の美容整形外科・完全ガイド
HOME » 沖縄でのAGA治療【おすすめクリニック一覧】口コミあり! » AGA治療の効果は?メリット、デメリットとともに解説

AGA治療の効果は?メリット、デメリットとともに解説

遺伝であろうが後天的な理由であろうが、今や男性のAGAは治療できる時代となりました。治療に向けて一歩踏み出せば、以後はAGAにコンプレックスを抱く生活から解放されます。

ここでは、AGA治療の効果、メリット・デメリットについてまとめました。

AGA治療の効果とは

AGA治療の初期段階は、まず内服薬と外用薬(塗り薬)の使用です。 代表的な内服薬は「プロペシア」で、臨床データによると、半年ほどの服用を続けた患者のうち約60%の人にAGA改善効果が見られています。代表的な外用薬は「ミノキシジル」。もともと降圧剤として開発された内服薬だったのですが、今では主としてAGAの外用薬として使われています。

これらのベーシックな治療薬で改善が見込めない場合は、AGA専門クリニックなどで、症状に応じたオーダーメイド治療薬を処方してもらうことも可能です。患者の症状に合わせた個別の薬になるので、AGA改善効果のアップが期待できます。

また、外科治療の観点からAGAを治療する方法も続々と開発されています。主な施術としてはHARG療法や自毛植毛です。

HARG療法とは、頭皮に有効成分を注射する治療法。施術を受けたほとんどの患者にAGA改善効果が見られるとされています。

自毛植毛とは、後頭部などに生えている自分の毛を、生きたまま薄毛の部分へ移植する手術。定着率には個人差があるものの、治療を受けたほぼ100%の人に薄毛改善効果があると言われています。

AGA治療のメリット・デメリット

AGA治療のメリットとデメリットをまとめてみました。

AGA治療のメリット

  • 本当に薄毛が改善する

    AGAを発症した頭皮を確認すると、毛が本当になくなり、ほぼ皮膚と化しています。そこから毛が再生することが、素人にはまったく想像できないのですが、治療を受けることによって高い確率で薄毛が改善します。遺伝性の薄毛でも改善します。

  • 内服薬だけで薄毛が解消する例も多い

    厚労省認可のAGA治療内服薬「プロペシア」の場合、6ヶ月の服用で約60%の患者に、薄毛改善効果が確認されています。患者の症状に応じたオリジナル処方薬で治療をすれば、さらに高い確率で薄毛が改善します。

  • コンプレックスが解消されて自信がつく

    自身の薄毛に強いコンプレックスを抱いている人もいます。コンプレックスゆえ、人間関係や仕事に自信が持てない人もいることでしょう。治療をすることでコンプレックスが解消され、人生が前向きになる人も大勢います。

AGA治療のデメリット

  • 内服薬治療の場合、服用を中止するとAGAが再発する

    「プロペシア」などの内服薬で治療を進める場合、たとえAGAの改善効果が見られたとしても、服用を中止した時から再びAGAは進行していきます。効果を継続させたい場合には、内服薬の服用も継続させなければなりません。

  • 治療費が高い

    内服薬「プロペシア」の料金相場は、1ヶ月分で7,000~8,000円程度。頭皮への施術であるHARG療法や自毛植毛の場合は、トータルで数十万円から数百万円のコストがかかります。多くの人にとって、AGA治療は安いものではありません。

  • 施術が怖い

    HARG療法とは、注射を使って頭皮に発毛成分を注入する治療法。自毛植毛とは、自分の毛を生きたまま薄毛の部分に移植する治療法。いずれも、なんら心理的抵抗なく「お願いします」と言える代物ではありません。恐怖心を覚える人が普通でしょう。

★ クリニック選びに迷っている方に ★
美容整形外科口コミ評判ランキングin沖縄
 
沖縄の美容整形外科・完全ガイド